鈴(りん)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を飼えなくなる理由ってナンだろう?

今日は、少し怒ってます。それと、大いに悲しんでいます。
そんなことを書くことをお許し下さい。>皆さん
また、コメントをいただいたのに、それに対抗するようなことを書いてすみません。>該当者様

(写真は本文と関係ありません)
8-27-01-08.jpg

少し前に、ずいぶん前に書いた記事に対して、こんなコメントをいただきました。

『はじめまして^^
我が家は二歳になったばかりのキャバリアがいます
ですが・・・とても複雑な理由があり幸せな家庭に養女に出そうとおもっています。出来ればキャバリアが本当に好き!!大好き!ワンコ命ってぐらいの愛情の深さのあるかたを探しています。ブログを読ませていただいて身近にそんなかたがおられないか・・・な?と相談でして。欲しいとおっしゃってるかたは友人にいますが、とても任せれる環境のかたが見つからなくて。』

8-27-10-08.jpg


このコメントを見て、しばらく考えました。
しばらく考えて。。。
とりあえず、記事にしてみようと思い、今日、ブログに書きました。

この方のためではなく、このキャバちゃんのために。

もし、皆さんの中で、このキャバちゃんのために何かお力をお貸し頂ける方がおられましたら、
このコメントを書いた方は、潔くメールアドレスとURLを残して行かれましたので、
その範囲で連絡が取れるかもしれないので、お知らせ下さい(連絡が取れないかもしれません)

8-27-03-08.jpg

私、このコメントを何度読んでも、共感は沸いてきません。
むしろ、頭に来るし、悲しいし、何考えてんの?って、思っちゃいます。ごめんなさい。
そして、悲しいことに、このキャバちゃんのために、何かをしてあげることもできません。

ねえ、どなたか、教えて下さい。ワンコが飼えなくなる複雑な理由ってどんなもの?

少し、この方のブログを拝見したんです。ざっと最近の記事だけを。

”お仕事が忙しくて、ワンコにかまってあげられない。”
”ワンコもそれがストレスで、体を囓ったりする。”
”それが心配で、自分も体をこわしそうだ。”

私が拾い上げることが出来た理由のようなものは、そういうことでした。
もちろん、ブログに書けないいろんな理由もあるのかもしれません。
でも、たった2歳ですよ?
2年前に迎え入れた子を。
たった2年で、ワンコが飼えなくなる理由ができて、ワンコを手放しちゃうの?

8-27-04-08.jpg

もしかしたら、ワンコのために、それが一番良い方法だと、
思いこんでしまっておられるのかもしれません。
ワンコの気持ちなんて、誰にわからないし、どっちが幸せなんて、くらべられないけれど。

一回、ワンコを迎え入れたら、最期まで飼おうよ。
ホントに、ホントに、どうしようもない理由がない限り。
逆に言うと、最期まで飼える自信がないんだったら、ワンコを迎え入れたらあかんよ。

8-27-05-08.jpg

お仕事が忙しい方も、わんこと幸せな家庭をつくっておられます。
長時間のお留守番も、馴らせばできるようになります。
分離不安も、病院で相談したりすると、治ると思います。
何とかして、ワンコとくらす方の選択肢を選べないんだろうか?と思うのです。

ワンコは自分のママが、自分を養女に出すことなんて、理解できないんですよ?
一途に慕っていたママにいきなり別れを突きつけられて、ワンコはなぜなのか、わからないんです。
そんな思いをさせるの?
ワンコは、生き物なんだよ?

8-27-06-08.jpg

勝手なことを書きましたね。
でも、確かに。ワンコを養女に出すことは、選択肢として、まだアリかもしれません。
できるだけ幸せな環境に。という、思いやりも感じます。

でも、そういうのにも、ちょこっと反感を感じます。ごめんなさい。
ワンコをどうやって飼うか。も、常識と良識の範囲内なら、
飼い主さんの考え方次第で、どれがいいっていうのは無いのではないでしょうか?

8-27-07-08.jpg

例えば、うちの子は、服を着せてみたりしている。
日頃は家族と一緒に、家中走り回っている。
でも、実家の兄からみると、「犬に服きせんでもええやろ(ーー;)」「犬は繋いでおけばいいのに」ってことになる。
別にそうしなさいって言われないけど、多分、兄が飼えばそうなる。
そして、どちらも別に間違ってないのだろうと思う。

8-27-08-08.jpg

養女に出すと言うことは、相手のおうちのしきたりに合わせると言うこと。
愛するワンコに幸せになって欲しい。と思う気持ちは分かるけど、
自分が最期まで面倒を見られなくなった以上、それを次の家族に要求するのは、
なんだかとっても虫が良すぎる気がして、ムカムカしました。

8-27-09-08.jpg

きついこと、不愉快なことをたくさん書きました。
どうか、このコメントの方。もう一度考え直してください。
ワンコは一途にあなたを慕っています。

そして。愛犬を途中で手放す。なんていう不幸な出来事がこの世で起こらないことを、
切に祈っています。

8-27-11-08.jpg

私には、この子の笑顔を守るだけで精一杯ですが、
この子が最期の息を引き取るまで、どんなことがあっても守っていきたいと思います。

失礼な表現もたくさんあったかと思いますが、ここは私のブログですので、お許し下さい。
皆様、失礼致しました。
スポンサーサイト

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。